1. トップページ
  2. ソーラーパネル
  3. SDカード記録カメラの接続イメージ

ソーラーパネル(太陽光発電)を
 利用した防犯(監視)SDカード記録カメラの接続イメージ図

電源が取れない場所での ゴミ不法投棄撮影などを録画記録します

赤線は、プラス 黒線は、マイナス
※コントローラー及びバッテリーは防水ケースに入れてください。

ポール取付のイメージ図


ソーラーパネル3枚を縦列に
取付例


【設置ポイント】
・メンテナンスを考慮した
 位置へ設置
・ソーラーパネルの方向は、
 日照時間が一番長くなる方向
 へ縦列/扇型などで設置
・積雪などを考慮し環境に応じ
 た角度に合わせる
・暴風地域は、支線を張るなど
 で補強をします


ソーラーパネルを利用して
 赤外線SDカードカメラ
 (AVIR-707MF)を
動作させることが出来ます。
但し、下記には、十分注意を
して利用を行ってください。

①ソーラー発電は、日照時間に大きく左右されます。
 電力不足または、電力供給が不安定な場合は、記録が停止します
 ※余裕をもって発電・蓄電をする機器を選択してください
②電源のプラス/マイナスは、確認しながら接続をしてください
③安全の為、コントローラーは、必ず取付をしてください
 過充電防止・過放電防止用です。
 ※過放電をするとバッテリーが利用出来なくなります
④動作確認は、定期的に必ず行ってください。
  動作停止による被害が発生しても弊社では、一切の責任を負いません

12Vソーラーパネルおよびバッテリーの目安

下記は、計算上の物です。実際の環境により異なります
SDカードカメラ(AVIR-707MF)の消費電力
 赤外線を発光しない明るい場所  約320mA
 赤外線発光を行った暗闇      約510mA
   平均消費電力 415mAとして計算
24時間で必要となる電流量
415mA×24=9960mA 約10Ahが必要
60Wソーラーパネル(30W2枚でも可能)が
 1日に発電可能な日照時間を4時間として
   3.48A×4=13.92Ah

 ※30Wパネル1枚の場合は、5.74時間以上の日照時間が必要です。
 
天候が不安定な場合も考慮して必要な電力の5倍を確保するとして
   10Ah×5=50Ah  12V50Ahバッテリーに蓄電を行う 
注意事項
 オプション品のデザイン・色合いは、変更になる場合があります。
 ソーラーパネルを固定する場合は、環境に応じた金具を準備してください
 製品の性質上、返品・交換は、出来ませんので事前に了承ください。
 サイズ、出力などは、十分確認してください

15Wソーラーパネルを3枚利用した設置例

画像クリックで拡大します。
ソーラーパネル3枚設置例① ソーラーパネル3枚設置例② ソーラーパネル3枚設置例③

ソーラーパネル(太陽光発電) 設置例

ソーラーパネル発電での
   映像記録を行うにあたって
  • ・充電は、不安定要素を含んでいます。充電不足により映像記録が停止する場合があります
     下記は、15Wパネル2枚で発電を行っていますが、より大きなパネルを利用することで
     安定します
    ・定期的な点検は、必ず行ってください。
    ・下記の設置は、AVIR-707Mシリーズの平均的な消費電力で計算されています。
     環境などにより大きく左右されます
【よくある質問】
  • Q 蓄電用バッテリーから電源供給がストップした場合、カメラの動作はどうなりますか?
    A 電源供給が停止した場合に録画は、停止しますがソーラーパネルより充電され
      約12Vまでバッテリーの電圧が回復すると自動で録画状態になります
      参考資料【詳細】

  

カメラ部

必要材料
・15Wパネル 2枚
・ポール取付金具 2枚
・ポールバンド 3本
・SDカードカメラ(AVIR-707シリーズ) 1台
・SDカード 1枚
・その他の材料 (環境に応じて)
・小型ボックス 1(配線の繋ぎ部分をボックス内で接続)
・ボックスとポール繋ぎ 1   ・16パイプ 約2m 
・ジャバラホース黒 (ソーラーパネルの配線カバーにしました) 約1m

ボックス(電源コントローラーおよび蓄電用バッテリー)

必要材料
・鍵付きボックス(穴あけなどの加工は、必要) 1
・取付金具 1 ステンレスバンド(電柱バンド) 2
・充電コントローラー 1 
・蓄電用バッテリー 1(今回は、密閉型12V36Ahを利用)
 SDカードカメラが約3日間動作可能なバッテリーを準備しました。
・ジャバラホースとパイプの繋ぎ 1
・ジャバラホース(16パイプからボックスまでの配線)

ポール設置概要